1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10

♪Takaki Moriya Offcial Site♪

スマートフォンや携帯からの当サイトの観覧について。
                                                 
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

-- -- ,--  Edit


Back to top


Category: Music CD   Tags: ---

「アリスの階段」オリジナルサウンドトラック

20081118185839.jpg
飯島弓監督の「アリスの階段」のオリジナルサウンドトラックです。
音楽は守屋が担当いたしました。


監督:飯島弓
音楽:守屋昂生




音楽を担当した守屋より。
今回は、あまりに高音の「キーン」とする音だったりが全編に流れているので、作曲している最中に自分で耳が痛くなるというなんとも情けない感じがしましたね(^^;)
この作品の音楽は「日本のホラー作品に音楽を似せてほしい」というオーダーでした。僕は日本のホラー映画というものを見たことが無いんです。ホラー映画といえば、思い当たるのが、海外の作品の「Nes」というとても怖い映画だけでして、夜の山道を家族が車で走っていて・・・と話せば長くなるのですが、とにかく日本のホラー映画を見たことが無いんです。
参考にいたしましたのが、武満徹さんというホラー音楽では有名な方がいらっしゃいまして、その方の「会談」という作品をモチーフにしました。ただ、音楽としてリズムをつけるときには、気持ちが絵から離れてしまう気がしましたので、その辺の調整が難しかったです。
ホラー作品をやっていて毎回楽しいなぁ、と思うのは、自分の観客として考えたときに、どうして予想を裏切ってやろうか、ということです。
うまくは説明できないのですが、ホラー映画で、怖い音楽がドロドロ流れ出した瞬間に、普通はみなさん「怖いものが来る」と勝手に予想を立てるんですよね。音楽の、例えばバイオリンの音が次第に大きくなっていき、ピークになるにつれ、「来る!」と気持ちを構えるわけです。しかし、音楽がピークを過ぎて無音になって、何も起きない。ここでいったん安心してしまうという現象がおき、次の瞬間、「ぎゃあ!」となりますよね。笑
そういう意味で、音楽と絵の関係をあまり密着しないように心がけました。ある意味、両方が嘘の関係で成り立っていると思いますよ。笑
ホラー映画は嘘の塊です(笑) 「来る・・・」と思いながら、何も無いんです。ホッとしたと思ったら、その瞬間に来る。常にワンテンポ遅いんです。自分もその罠に何度もかかってしまいました。
本当に、「一寸先は闇」というのはこのことなんですね・・・(^^;)



曲目リスト
試聴にはWindows media player か real player が必要です。

1.最初の階段 

" />





2.襲撃

3.目覚めの階段

4.狭間の階段 

" />





5.計画 

" />





6.螺旋階段 

" />





7.決意

8.復讐 

" />





9.幸せの階段 

" />





10.アリスの階段 

" />






Comment: 0   Trackback: 0

10 25 ,2011  Edit


Back to top



Trackbacks

Comments

Leave a Comment

Back to top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。